男の大きな靴の専門店 ビッグ・ビー

友だち追加

ブログ|男の大きな靴の専門店 ビッグ・ビー

東京・五反田のお店ってどんなお店??

東京・五反田のお店ってどんなお店??

最近よくあるお問い合わせが、30cmの靴は置いてますか??とか33cmの靴は置いてますか??というお問い合わせです。

当店のお客様には遠方にお住まいの方もかなり多くいらっしゃいますし、大きい靴が売っていると聞いて、行ってみたら指で数えられるほどしかなかった・・・というお話もよく伺います。

入口近くはサンダルコーナー。安全靴・キッチンシューズ・スリッパ・上履きもあります

そこで今回は店内の様子をご紹介いたします。

レイアウトは季節などによって変わることもありますが、スニーカー・ビジネスシューズ・インポート・カジュアルシューズ・コンフォートシューズなどの比率が大きく変わることはあまりないので、雰囲気など参考にしてみてくださいね。

スニーカーコーナーです。

主に手前は30cm(US12)、
天井の飾りがあるあたりが31cm(US13)、
右側は31cmと32cm(US14)。

30cmはこの写真で見えているだけで200種類くらいあります。

ラコステなどのアパレルメーカーのスニーカーもあります。

真ん中の通路脇にはカジュアルな靴やお求めやすい価格帯のビジネスシューズ。

奧には国産ブランドのビジネスシューズや海外ブランドのカジュアルシューズ、ビジネスシューズ、ブーツなどなど。

国産ブランドのビジネスシューズの29.0cmと30.0cmだけでもこの品数。だいたいスニーカーのサイズがUS13~US14の方はこのあたりから選びます。

当店ではインポートブランドにも力を入れており、良い靴として有名なクロケット&ジョーンズの種類も豊富に用意しております。(イギリス本国でもこのサイズは置いていないとか・・・)

他にもリーガルやパラブーツ、レッドウィングなど名の知れたブランドや、まだ日本に展開し始めたばかりのインポートブランドなど掘り出し物もたくさんご用意しております。

スタイリスト御用達のお店

当店にはスタイリストさんや小道具さんも多くご来店いただいています。

詳しい内容は伺えませんが、たぶん映画とかCMとかドラマなどなど。当店のサイズでここまで種類を揃えているところがないので、一度いらっしゃると何度も通ってくださいます。

先日、NHKの番組で出演されていた俳優さんが、当店のことをチラッと言ってくださったそうです。その方も当店との出会いはスタイリストさんからのご紹介なんです。スタイリストさんもなかなかご本人が気に入る靴がないと困り果てていていたのですが、オススメした靴をとても気に入ってくださったようでした。スタイリストさんに「今度、ご本人にも来て頂きたいです」と申し上げたところ、後日本当にご本人がいらしてくださいました。その時はたくさん履ける靴があると感激して帰られたのですが、まさかテレビで言ってくださったとは・・・。

話が逸れましたが、スタイリストさんは『〇〇に合わせるこういうイメージの靴』を探すという命題を持って来店されるので、そういったイメージに近いものを探すことができるというのも当店の強みだと思います。

大きな靴屋の大きな靴

店内の入り口そばにぶら下がっているひと際大きな靴。

当店が月星化成(株)(現:株式会社ムーンスター)の協力を得て製作した、50.0cmのスリッポンシューズです。

この靴は伊豆にある蝋人形館で展示されている世界最大の身長でギネスブックに掲載されているロバート・ワドローさんを想定し製作した靴です。

ロバート・ワドローさんの身長は272cm、見上げるような高さです。

写真の右にあるのは、28.0cmの日本製のスリッポン。これでも普通よりも大きなサイズで、決して小さくありません。

この写真を撮っていたら「なんでレギュラーサイズの靴があるの??」とオーナーが一言。普段から見慣れているサイズでも間違えてしまうほど大きいサイズです。

50.0cmのロバートさん用の靴は非売品ですが、当店では27.0cm~38.0cmまで大きなサイズの靴を多数取り揃えています。是非、お時間見つけてご来店くださいね。